酵素は熱に弱い!

酵素が失活してしまう温度

体の中でいろいろな活躍をしてくれているヒーロー的役割を持つ

 

酵素だけど、よく聞くのが、酵素は熱に弱いという事。

 

酵素が耐えられる温度は一般に50度くらいから70度くらいと

 

言われていて、熱を通した食品には酵素は含まれていません。

 

酵素は実は外から取り入れても分解されてアミノ酸になり、

 

体内では酵素として働かないと言われています。

 

酵素が不足しているから酵素不足を補いましょうて、

 

よく耳にしますが実際には酵素を取り入れたからって、体の中で酵素として働いてくれるわけではないようです。

 

じゃぁ酵素を取り入れても意味ないのかな?て所ですが、そんな事はないようですよ。

 

ごぼうやにんじんのように、酵素が熱で失活する事により、βカロテンやポリフェノールが高くなる野菜があります。例え酵素が失活されたとしても分解されてアミノ酸になり、体の中の酵素を作り出す酵素原料となってるわけなようなのです。

 

そもそも、この酵素は体の中でDNA情報に従って作られています。

 

酵素を口に入れてそのまま酵素となるわけではないけれども、酵素を作り出す製法技術は各メーカーさんによって様々違いますが、

 

あちこちのサイトを比較してみると、できるだけ熱処理が加わっていない生タイプの酵素がいいように思います。

 

その他にも、原料を見てみると何よりお野菜がたっぷり含まれているだけでなく、酵素 アルファでダイエットや美容にいい成分が

 

含まれているようなので、酵素系の商品は普段からタンパク質中心の肉食系の生活の人や便秘不足、肌荒れなどの

 

人は野菜不足からくるものなので、酵素系の商品は試してみる価値ありと言っていいと思います。

 

ダイエットの鍵はファスティングかもしれませんよ。 それを補う酵素で決まり?→興味のある人は次を読んでみて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ
上手な酵素の取り入れ方 酵素は熱に弱い ファスティングとは?